15 min/d

ぼうずやのにっき

プログラマだってマネージャだって必要だ

ぼくにとって人を動かすことはプログラムを動かすことより難しいので、それができる人は誇って良いと思う。しかし、だからといってプログラムを動かすことができる人を下に見ることは間違いである。

例えば、人を動かすことができる人を車におけるハンドルだとすれば、プログラムを動かすことができる人はタイヤである。タイヤにはいくらでも換えは効くかもしれないが、ハンドルもまた同様である。

タイヤがない車のハンドルを握ることは滑稽だし、ハンドルがない車に乗ることもまた滑稽である。もちろん、車が空を飛ぶならば別であるし、車を声で動かせるのであれば別である。

もし、プログラマを下に見るのであれば、それは現実が見えていないと言って良い。また、マネージャを下に見るのであれば、それもまた現実が見えていないと言って良い。

車に例えたのはジェネレーションギャップを埋めるための心づかいである。

15 min.