15 min/d

ぼうずやのにっき

週ぶり (shuburi) ふりかえり & Wii U およびスプラトゥーンをかった

週ぶり (shuburi) 2015-W22

2015-W22 の週ぶり (shuburi) のふりかえり。

つくったものは以下のとおり。

bouzuya/blog.bouzuya.net 3.0.0 をリリースした。2015-05-25 に書いた通り未実装の機能も多いので少しずつでも進めていきたい。

bouzuya/bbn 2.0.0 もそれに関連している。日々の記事を書くときに bbn コマンドを使ってテンプレートを作成している。未実装の機能よりも日々の運用のために優先的に対応したというわけ。

faithcreates/meowziq-android (今週 faithcreates-tuesday/meowziq-android から faithcreates/meowziq-android に移行した) に「サーバー側の曲一覧を表示する機能」をつけたかった。後述のゲームをはじめ落ち着いて作業できなかったので終わらなかった。

Wii U および『スプラトゥーン』

Wii U および『スプラトゥーン』を買った。午前中に手に入れて午後はもりもり遊んでいた。感想は適宜ツイートしていた。いくつか抜粋する。

ギアーズオブウォーとスプラトゥーンとが似ていると感じる点はいくつかある。同じ TPS でオンライン対戦。加えてシンプルな 1 アクションある。ギアーズはカバーリングでありスプラトゥーンはインクに潜るというアクション。ほとんどの勝負が出会って一瞬で決まる。

ただ違うのはその楽しさ(FPSのオンライン対戦によくあるもの)以外の点にある。インクの面積で勝敗が決まる点である。これはたくさんの良い効果がある。

まず無理して戦わなくてもいい。たとえばある場所の混戦状態を逆手にとって誰もいないところにインクを塗っても良い。壁や地面を塗るにはエイムが正確でなくていい。また戦うときもインクは重力にしたがって落下するため上方向へのズレが多少は許される。そもそも体力が低めに設定されているように感じる。銃を持って戦うことを主目的にすると反発を受けるからかもしれない。

ほかにも上記のような戦わない選択肢が生まれることからも分かるようにマップ全体を見て戦うことになる。これはマップの一箇所の戦場以外が無駄になるような従来のゲームのマップとは違う。戦略の幅が広いしどこかにインクを塗るだけでチームに貢献できる。

相手を殺すゲームにしない(少なくとも主目的にしない)とか男女のキャラや肌の色の選択肢などはいろいろ配慮したのだろうなと思う。

とりあえずはそんなとこ。