15 min/d

ぼうずやのにっき

映画『ジュラシック・ワールド』をみた

『ジュラシック・ワールド』

ネタバレする……かもしれない。

ひどかった。映像はともかく話がひどかった。ご都合主義や活かされていない設定が許せない。

まずラプトル。心を通わすって何?賢い設定はあったけど要る?恐竜が言うことを聞くってのがそもそもダメだ。燃えない。餌のために……とか隙をうかがっている……とかそういうのは分かるんだよ。というか最初はそういう描写だったのに映画の終盤では当然のようにラプトルと一緒にバイクで疾走とかしちゃってさ。バカにしてんのかよって。

実はメタな作品なのかなって。

劇中のジュラシック・ワールドはジュラシック・パークシリーズを表していて、劇中の観客は映画の観客を、今回のなんとかレックスはジュラシック・ワールドなんじゃないの。T・レックスはジュラシック・パークのシリーズ 1 作目を、そのファンはあのジュラシック・パークロゴのTシャツを着たオペレーターね。

観客の要求に合わせてつくらなくていいものをつくると。映画自体にもなんとかレックスにもあれもこれもとろくに活かされない設定を詰め込んでね。「もう恐竜じゃない」みたいなセリフが印象的だった。まさにそれ。恐竜映画というか怪獣映画。

たぶん、たぶんだけど、最後のなんとかレックスvsT・レックス&ラプトルな絵が撮りたくて、それに合わせてストーリー考えたんじゃないの。

まあ、いいや、とにかく。ひどかった。

快気祝い

クッションを買った。

式場見学

式場を見学。予定を見直すことに。

その他

勉強会参加は明日に。