15 min/d

ぼうずやのにっき

『 12 人の怒れる男』をみた

映画『 12 人の怒れる男』

ネタバレ。

映画『 12 人の怒れる男』を観た。レンタルした DVD で。良い。

ほとんど一室で 12 人の男たちが話しているだけ……なのに面白い。舞台も大げさなアクションも爆発も CG も色さえもないのに面白い。

あらすじは 12 人の陪審員のうち 1 人だけが無罪を主張し、挙げられた証拠の穴を指摘していき、徐々に他の陪審員も変わっていく、というもの。

最初から 11 人の陪審員の態度は相当に腹立たしいのでラストにはすっとするのだけど、最初と最後とにある、あの少数派がひとりのときのあの感覚はどうにも嫌な感じがする。少ない側に同情はする。理屈の上では終始無罪を主張した男が正しいのだけれど。