15 min/d

ぼうずやのにっき

『 Clean Code 』をよんだ

Clean Code 』を読んだ。

いつ買ったのかさえ覚えていないのだけど、本棚から出てきたので読んだ。読んだことがあるような気もするのだけど、blog を検索しても出てこないから、読んでいないのかもしれない。

細かい指摘をたくさん詰め込んでいる。たとえば CQS や DRY のようなものもあれば、「閉じ括弧コメント」(} // try) をつけるくらいなら関数を短くしろなど。多くは例の source code があり、分かりやすい。

先日、話題になった comment からいくつか抜いてみる。

  • 「コメントで、ダメなコードを取り繕うことはできない」 → comment がないと分からないようなら書き直せ。
  • 「自分自身をコードの中で説明する」 → comment で説明せず関数名などで意図を説明しろ。
  • 「意図の説明」 → 決定の裏に隠された意図を伝えろ。
  • 「冗長なコメント」 → source code よりも情報量の少ない comment をつけるな。
  • 「日誌コメント」 → 変更履歴は VCS で管理しろ。

同意できるものが多い。……とは言え、既に常識であるものがほとんどだと思うので軽い読み物に良いと思う。