15 min/d

ぼうずやのにっき

『パシフィック・リム』をみた

bouzuya/bathbouzuya/beaterb-html/b-htmlbouzuya/b-o-a などの README を変更した。それぞれに対応する Twitter hashtag である #bathjs#beaterjs#bhtml#boajs を追加した。海外だと StackOverflow なのかもしれないけど、とりあえず、ぼくが拾いそうなのは Twitter なので。

随分と前に観た『パシフィック・リム』のことを書く。

パシフィック・リム』を観た。これはたぶん 2 度目。前回は Xbox Video だったかな。今回は地上波の録画を観た。

「おもちゃみたいな巨大な機械人形に乗り込んで怪獣と殴りあう」こういう単純だけど力強くてばかばかしい設定は往々にしてとても心地よい。『パシフィック・リム』はまさにそれだ。子どもの人形遊びを、映画の世界で CG の力を得て、とんでもない巨大なものに仕上げている。

動きに重みを感じさせるだけの巨大さ。それを上回る巨大な怪獣。それぞれの機械・操縦手は必殺技 (?) を叫び攻撃する。勢いがある。細かいことは気にしてはいけない。

検索してみると 4DX の上映があったようだ。きっと面白いだろうな。イェーガーの衝撃に合わせて揺れる座席。水しぶきなどもうまく機能しただろうな。劇場で観れなかったことは残念だ。