15 min/d

ぼうずやのにっき

雑記 -- 『PANDEMIC パンデミック:新たなる試練』の標準であそんだ 他

PANDEMIC パンデミック:新たなる試練』の難易度「標準」で遊んだ。

PANDEMIC は 2016-07-18 / 2016-07-21 で登場している。いままではずっと「入門」で遊んでいたのだけど、今回は「標準」に変えてみた。

難易度「入門」と「標準」の違いは「エピデミックカード」の枚数。4 枚から 5 枚になる。体感だと難易度はそこまで大きく変わらない印象。結局のところ運の要素が大きい。早い時機に感染率が悪化し 3 枚ずつ「感染カード」を引くことになる。

今回は「作戦エキスパート」「科学者」「衛生兵」の 3 人だった。最初のこの引きは生死にかかわる。結果的にうまく噛み合った。調査基地は 6 個きちんとできていたし、衛生兵の除去力を活かしつつ、科学者で効率よく「治療薬」を発見できた。

もう実は次のおもちゃを買ってしまったので、ひと区切りつけたい気持ちがあって難易度を標準にして遊んでみたところ。

別の話題。

bouzuya/bbn-api は遅いなりに進めている。atom.xml 対応を入れようとしたら markdown を html に変換する処理の位置が悪くてうまく扱えなかった。とりあえず Entry はすべて変換済みのものを扱うことにし、あわせて Repository という名前で query を受け付ける class を導入した。Repository は bouzuya/myjekyll に相当する。Repository はまだ myjekyll よりはマシだが、どちらも名前が悪い。

今週で bouzuya/kraken の v3 まで到達できるのだろうか。