15 min/d

ぼうずやのにっき

Vue.js 2.0 をためしている

2016-09-21 にあるとおり bouzuya/rally-client-example-vuejs で Vue.js 2.0.0-rc.6 を試している。

いろいろ問題はあったのだけど、一番の問題は何も考えずに import * as Vue from 'vue'; とすると HTML を template として扱ってくれない点だった。解決策は @ktsn が教えてくれた。

template string を render function に変換する compiler が 2.0 からは分離されているようだ。standalone build と runtime-only build に分けられている。npm で配布されている vue の default export は runtime-only build だ。これは template option を support していない。これが原因のようだ。

回避策は Installation - vue.js にあるとおり (作成中の document なので消えるかも) 、webpack なら vue の alias に vue/dist/vue.js を設定すること。直接 import * as Vue from 'vue/dist/vue.js'; するのは避けたほうが良いらしい。

ちなみに Issue (vuejs/vue#2873) にはこの変更についてきちんと書かれていた。

関係ないけど、TypeScript 2.0 が正式に release された。2.0.3 からが正式な 2.0 のようだ。Angular も正式に release されたし、Vue.js はいつごろ release されるのだろう。