15 min/d

ぼうずやのにっき

八分帝国

八分帝国』を初めて遊んだ。妻とふたりで遊んだ。ぼくは資源の差で負けてしまった。楽しんでもらえたようで良かった。

一定数の手番で陣取りおよび資源集めをする。それらの得点で勝敗を決める。

場には山札から 6 枚のカードが置かれ、0 〜 3 のコインを支払ってカードを得る。カードはアクションと資源を兼ねている。手番ごとにカードを一枚ずつプレイする。

アクションは軍隊の配置・軍隊の移動(陸路)・軍隊の移動(陸路・海路)・都市の建設・軍隊の除去+配置。カード取得のかけひきはボードゲーム同好会#3 (2016-09-22) で観戦したレーベンヘルツのような雰囲気。境界線の押し合いがないので衝突はそこまで強くない。

資源は何種類かあり、枚数と得点の変換レートが異なる。ボーナンザの豆っぽい。

得点は「地域」「大陸」「資源」で決まる。地域・大陸は軍隊の配置で決まる。

地域・大陸では勝ったのだけど、資源を甘く見ていた。クリスタル 4 枚で逆転負けしてしまった。

ちなみに 8 分では終わらなかった。ルールは簡単だが、行動の幅は意外と広そう。悩む。人数が増えるとまた面白さが変わりそう。