読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15 min/d

ぼうずやのにっき

下呂旅行

今日は会社を休み、家族と旅行で下呂に来た。目当ては温泉だ。両親と兄弟、そして妻と共に来た。妻を加えた家族旅行ははじめてだ。場所の選定基準は母の行ったことのない温泉地であることだ。

朝から電車に乗り、昼には着いた。電車で 4 時間ほどだろうか。

まずはバスで合掌村に行った。入場料 800 円。昼食は市倉という店でアユ定食を食べた。1200 円。文化財の合掌造りをいくつか見た後 175 m の滑り台を滑った。100 円。滑る前はそんなところでお金をとらなくてもと思ったが、そのためだけに斜面を登り、そこそこの距離・速度の滑り台を滑った後は 100 円くらいならいいかという気持ちになった。

宿に向かう。合掌村から駅まで今度は歩いて戻り、そこからは送迎の車で移動した。着いたら早速温泉へ。どうやら露天風呂は宿とはまた別の場所にあるらしく、そこもまた送迎の車で移動した。

露天風呂はなかなか良い景色だった。温泉はぬるぬる・つるつるとした感じだ。なんだろう皮ふが溶けているような……。それになんだか塩素くさい湯だった。うーん……。

脱線するが、宿やその露天風呂の宿には滝の写真が飾られており、また別の機会に見に行きたいと思った。

露天風呂から宿に戻り、家族で『ボーナンザ』を遊ぶ。勝利。そして夕食。またアユ。昼食をアマゴ定食かイワナ定食にしておけば良かった。飛騨牛も出たのだけど、個人的には川魚(アユ)が特に美味しかった。

夕食後は宿の中の温泉へ。ひどい風呂だった。壁は半分がはがれており、タイルもところどころ欠けている。窓もなく、壁に向かって入る感じだ。さきの露天風呂とは大きく異なる。湯の質はほとんど同じでつるつるとした感じだ。ただ塩素の感じはしなかった。源泉かけ流しらしいので、そのせいかもしれない。このあたりの表現とそれの意味するところを詳しくは知らないので、かけ流しだから塩素を使っていないのかは知らない。

部屋に戻り、今度は『海底探検』を遊ぶ。買ってきた酒を飲み、柿の種を食べながら、だ。普段は飲まないし、ゲーム中は食べないのだけど、特別だ。父が買った。続けて『交易王』を遊ぶ。勝利。圧勝。まだ 21:00 だ。

猫の恩返し』が放送される。酔いのせいか、主人公が『ポプテピピック』のポプ子にしか見えない。等身こそ違うものの、目が似ている……気がした。風になるが聞けると思ったが、エンディングはカットされて、『ギブリーズ』というなぞのアニメーションがはじまる。ぼんやり見ていたのだけど、終わりなのかよく分からない終わりかただった。途中うとうとしていたのかもしれない。

いつもよりすこし早めに寝た。