読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15 min/d

ぼうずやのにっき

会社でハートオブクラウン #14 / Kyoto.js オンラインコードリーディング #3

会社でハートオブクラウン #14 。会社でのハートオブクラウンの戦績を書いていく。

  • XXXX-XX-XX #1 基本セット 入門用 敗北
  • 2016-10-25 #2 基本セット 入門用 敗北
  • 2016-10-26 #3 基本セット 入門用 勝利
  • XXXX-XX-XX #4 基本セット 入門用2 勝利
  • 2016-10-28 #5 基本セット 入門用2 敗北
  • 2016-11-08 #6 基本セット 中級用 勝利
  • 2016-11-11 #7 基本セット 中級用2 勝利
  • 2016-11-14 #8 基本セット ビッグビジネス 敗北・勝利・敗北
  • 2016-11-17 #9 基本セット 大戦争 勝利
  • 2016-11-18 #10 基本セット 冒険行 不参加
  • 2016-11-22 #11 基本セット ワルプルギスの夜 勝利・敗北
  • 2016-11-25 #12 基本セット 宮廷政治 敗北・勝利
  • 2016-11-28 #13 極東辺境領 港町の攻防 勝利
  • 2016-12-02 #14 極東辺境領 交易と繁栄 敗北

今回のカードセットは、極東辺境領の推奨カードセットから交易と繁栄 (「伝書鳩」「貿易商人」「課税」「鉱山都市」「サムライ」「港町」「クノイチ」「割り符」「早馬」「交易船」) 。 3 人で遊んだ。

結果は敗北。通算成績は 14 戦 6 勝 2 分 1 不参加。

最終デッキ

  • 「農村」 * 7
  • 「都市」 * 2
  • 「港町」 * 3
  • 「鉱山都市」 * 2
  • 「大都市」 * 2
  • 「見習い侍女」 * 3
  • 「宮廷侍女」 * 4
  • 「早馬」 * 2
  • 「課税」 * 1
  • 「交易船」 * 2
  • 伝書鳩」 * 2
  • 「クノイチ」 * 2
  • 「サムライ」 * 2
  • 「割り符」 * 2

計 36 枚

直轄地

  • 「姫将軍 フラマリア」 * 1
  • 「都市」 * 1
  • 「公爵」 (6) * 2
  • 「皇帝の冠」 (14) * 1

計 5 枚 26 点

予想・ねらい

新しいカードは「伝書鳩」「貿易商人」「課税」「鉱山都市」「サムライ」「割り符」の 6 枚。

伝書鳩」 3 コスト。連結 1 。山札から 1 ドローか、行動カードを先に出していれば捨て札から 1 ドローかを選べる。強い。継承権でも容赦なく手札に持ち込めるので「召集令状」以上に強い。

「貿易商人」 3 コスト。 1 コイン。連結 0 。山札から 2 枚を捨て、どちらか 1 枚を山札に乗せる。ほかのカードと比べると明らかに弱い。

「課税」 3 コスト。連結 0 。マーケットの特定のスタックの購入費用を +1 する。「公爵」や「大都市」に乗せると場を遅らせることができて強力だ。ただし自分も対象になるので何かしらの回避策が必要になる。「クラムクラム」で購入コストを下げるか、「オウカ」で購入せず獲得するか、「ベルガモット」の効果ターン数の恩恵を増やすか……。このカードを購入した分だけ遅れる。元の値段で一度だけ買う機会が与えられる。難しいが強力だ。

「鉱山都市」 4 コスト。継承点 -4 。連結 1 。プレイ時に 2 回までコスト 5 で継承権以外のカードを入手できる。デッキの強化という観点では明らかに強い。しかし継承点の関係で擁立しづらくなる。おまけに欲しいカードを買うタイミングが遅れるので、他のプレイヤーにそのカードを奪われる。これも難しいが強力だ。

「サムライ」 4 コスト。 2 コイン。連結 0 。すべての対戦相手の手札にあるコスト 4 または 5 のカードをリシャッフルまで追放する。ピンポイントではあるが、決まってしまえば「ベルガモット」などでも取り戻せない。

「割り符」 5 コスト。連結 0 。2 ドローまたは 2 種類 2 枚のカードを追放する。強力な圧縮かドロー。ただし連結はない。

このカードセットでの戦い方を考えてみる。

まず「割り符」は強い。うまく圧縮でき、連結もうまく行けば圧倒的な強さだろう。また「鉱山都市」も強い。擁立が難しくはなるが、効率よくカードを購入できる。

これらのカードの対策として「サムライ」がある。「割り符」は序盤の圧縮しやすいタイミングを逃せば台無しだし、「鉱山都市」は 2 コインもそうだし、遅れた意味もなくなる。

「サムライ」への対策として「クノイチ」がある。防衛カードとしても機能するし、コピー効果も利便性が高い。

「サムライ」の対象とならない強力なカードには「伝書鳩」「課税」「交易船」がある。「伝書鳩」の終盤の継承権を集める効果も、「課税」の遅らせる効果も、「交易船」の 2 ドロー・ 2 コインの選択効果も強い。

このカードセットにおける、ぼくのねらいは 2 つだ。

「交易船」「クノイチ」の組み合わせを「ベルガモット」でまわすこと。または「課税」を「オウカ」か「クラムクラム」で回避することだ。

結果

農村 4 → 3 。ランダムマーケットに「交易船」が 5 枚も出た。その他の枚数も多かった。そこで 1 ターン目に「鉱山都市」を、 2 ターン目に「交易船」を買った。擁立は遅れるものの「鉱山都市」でデッキを一気に強化して差をつけようという作戦だ。

3 ターン目は「鉱山都市」を引けず、 4 ターン目向けに引いたのだけど「サムライ」で切られた。ついてない。その時点で 4 ・ 5 コストはぼくの「鉱山都市」のみだったので、ピンポイントで食らったことになる。「クノイチ」が横行するのは目に見えていたので、「サムライ」はそんなに出ないと思っていたので、最低だ。

渡さないためにも「交易船」を買い進めるのだけど、つらい。「早馬」を 2 枚まとめ買いされたこともあって、一気に連結 2 のカードがなくなった。想像以上に連結が厳しい。油断していた。連結がない状況だと買いたくても買えない。

「割り符」が「交易船」と「農村」しかないタイミングで出たり、「交易船」が分岐のない状況で 2 枚出るなど、ひどい引きだった。周囲が伸ばす中、ぼくはさらに二週目の「鉱山都市」もまた同じ「サムライ」に切られた……。

M 氏は「ベルガモット」を擁立。「交易船」・「早馬」・「クノイチ」と買っており、これは負けたと思った。

ぼくは相変わらず 5 コインしか出ず、「大都市」にさえ進めない。やけになって「課税」を買った。「鉱山都市」がようやく来たものの、初期に大量に出回った良カードが減っている上、継承点 -4 が邪魔で擁立できない。「大都市」に課税しつつ、「大都市」を購入。耐える方向に。

「クラムクラム」を擁立しても追いつくのは厳しそうだし、「レイン&シオン」でも 3 ターンでは巻き返せそうにない。継承点で稼ごうと「フラマリア」を選択した。

もう消化試合のノリだったのだけど、M 氏が購買力を伸ばすのに失敗してくれたおかげで、場がアホほど遅れた。結果的にランダムマーケットはなくなった。ぼくは中盤に「鉱山都市」で大量に得た「港町」でようやくデッキが安定した。枚数が多すぎるので、継承点は「伝書鳩」だのみ。強引なドローで「皇帝の冠」を得て、なんとか戴冠式レースには間に合った。

最終的には 30 点に届く点数をデッキに蓄えたものの、それを引ききることはできず、敗北。

敗因は連結の少なさを甘く見たことと「サムライ」に 2 度も切られると想像していなかったこと。あとは「オウカ」を奪われたことだろうか。「鉱山都市」を二枚分と、中盤の回らなかった時期に出続けた 5 コインで相当数の行動カードを抱え込んでいたので、「オウカ」を擁立してゴリ押しできれば圧勝できたかもしれない。それらの擁立に失敗したのも、2 度の「サムライ」。「鉱山都市」ではなく「都市」を買い、「交易船」の枚数も押さえて、クラムクラム速攻で攻めるほうが攻撃カードの枚数的にも意外と強かったかもしれない。次はコインを中心に堅実な戦略で攻めてみるか……。


Kyoto.js オンラインコードリーディング #3 。ひさびさの参加。 1 度飛んだうえ、予習できていないし、上記のハートオブクラウンが長引いて出遅れた……。次はきっとと思うのだけど、 PureScript Advent Calendar もあるので、厳しそうだ。