15 min/d

ぼうずやのにっき

bs-code 1.5.4 をつくった / ふりかえっている

bouzuya/bs-code 1.5.4 をつくった。より正確には 1.5.3 と 1.5.4 および内部的に使用している bouzuya/expand-markdown-anchors 0.3.0 をつくった。

bs-code は Visual Studio Code の拡張で、ぼくのメモのための道具だ。

今回の変更点は markdown の URL の展開を修正した。ぼくの blog はリンクの URL を設定しそびれている。これは主にこの不具合によるものだ。正規表現で雑な解釈をしていたことで、入れ子や連続した [yyyy-mm-dd][] を正しく処理できないことに起因する。このあたりを解釈できるように直した。

愚直に先頭から読み込んで必要ならスタックに入れるなど状態を変化させながら……ということをした。バグがありそうだけど、ざっと見たところは期待通りに動いているようだ。

ほかにも何か理由があってこの対応を優先したはずなんだけど、忘れてしまった。


今日は海の日。定期的な面談に備えて 2017 前半を振り返っていた。 2017 はぼくにとっての節目の年だ。改めて長期的な視点での判断をしていかないといけない時期だろう。

こういう時期には自分の年表をつくるようにしている。履歴書に近いものだ。いつ生まれて、何歳に進学・卒業・就職・転職して、そこで何をしたのか。そういうことを書く。何も成すことなく、過ごしてきた自分が見える。夏休みの最後の日に反省するみたいなものだ。来年には忘れている。

書き出してみると、悩んでいた時期をばかばかしく感じられる。たいていのものは終わってみればばかばかしいもので、そのときのベストは尽くしていたんだ……そう信じたい。この先のぼくから見ると、きっといまのぼくも同様なのだから、気にしても仕方ない。次をどうするかだ。

次。この先に向けて、どうしておくのが良いかを考える。

よく「先のことは分からない」と言って何もしない人を見るが、予想しておくことは良いことだと思う。また、予想を外すことは悪いことじゃない。外れるよりも当たるほうが良いのはもちろんだが、予想や準備をしないよりはずっと良い。

30, 40, 50 ……年齢を重ねたときに向けて何をすべきだろう。いまの仕事をしているだろうか。したいだろうか。したいならどうすべきだろうか。忙しいだろうか、退屈だろうか。忙しいなら、どう準備すべきだろう。退屈なら、どう準備すべきだろう。

あっという間に一日が終わってしまった。