15 min/d

ぼうずやのにっき

『ラクガキノート術』をよんだ

ラクガキノート術』を読んだ。

思っていたよりも絵に重きを置いている点で期待とは違った。

第1章の絵を描くことをすすめるくだりは個人的には不要だった。なぜ描くのかではなく、どう描けばいいのかを、ぼくが求めていたからだ。

第2章は基本的な図形などに触れている。これは良い。単純な線を描くところからならしていくのも良い。

第3章は顔などの表現。これは不要。

第4章は「ノートに使えるテクニック」。良い。矢印・囲み線・図解が良い。できればここにもっと重きを置いてほしかった。

第5章は実例。どう落書きを使っているかの実例だが、そこに興味はない。

第6章は色。冒頭の「黒2赤1」が良い。黒の太さを強調に使えというもの。他の章でも、塗り・線などで差をつける方法が示されている。こういう点に興味がある。

全体として見ると細かい変化を生むための方法や図解の例が役に立った。次はできればもっとある説明にはこういう図が良いという「図解」についてを知りたい。