15 min/d

ぼうずやのにっき

九州旅行 1 日目

今日は会社を休んで、九州旅行へ。天草を中心としたツアーに参加する。

朝、新神戸から新幹線に乗る。小倉には 09:30 ごろに着いた。そこからはバスで門司港へ。

途中、かまぼこ屋に寄る。いかにもツアー的なイベントだ。バスに宣伝担当っぽい人が来て喋る。喋る。慣れた調子だ。試食して良かったかまぼこを買う。なんだか高い気もした。うまく買わされている。

門司港に着いた。いやに天気が良い。ほとんど夏だ。上がってない跳ね橋を見たあと、時間もないので昼食をとるために移動する。海峡ドラマシップとか言う場所が眺めも良く、焼きカレーなるものを食えるらしいので、そこに行った。門司港焼きカレーが有名らしい。角を曲がればカレー屋だ。焼きカレーが何者かはよく分からないものの、検索してみたかぎりカレーにチーズをぶち込んで焼いたドリアもどきみたいなものらしい。

海峡ドラマシップは正解だった。冷房が効いていたし、 5F だけあって高さがあり景色も良かった。

途中の休憩でソフトクリームを食べたが、基本的にバスに乗っているだけの旅だ。天草五橋とか言うところを通ったが、特に下車するわけではなかった。橋の紹介をされても、その上を走っているのでは、景色として見えるわけでもなくピンとこない。

展望台に着く。景色は良い。絶景というほどでもない。通ってきた橋も遠くに見える。顔出しパネルがあったものの、壊れており、ふたつあるうちのひとつの穴が人の首ごととれていた。あとは鐘があったので鳴らした。カンと鳴る。ふむ。

宿に着いた。最初のお茶とお菓子に幸せを感じる。浴衣を着て、風呂に向かう。食事の前の一風呂だ。いつものように締め方の分からない帯をぐるぐる巻いて行く。大きくはないが、最小でもない風呂だった。屋内にふたつの浴槽、露天もあった。露天は透明の波打ったアクリル板が見えている。気にしない。新幹線・バスで固まった体を伸ばす。

夕食のあと、部屋に戻ると、布団を引きに来た。人が足りないのだろうか。食事中に準備するところも多いように思うので、人不足を疑う。すこし休んで、また風呂に入る。テレビを観て、だらだらと過ごし、眠る。