bouzuya.hatenablog.com

ぼうずやのにっき

グラタンをつくった & hubot-umiharakawase をつくった

金曜日にグラタンをつくった話と、今日つくった Hubot スクリプトの話。 hubot-umiharakawase をつくった。1 日 1 Hubot スクリプトの 111 日目。

ひさびさに料理をつくった。

メニューとしてはグラタン。URL はわからなくなってしまったのだけど、クックパッドで調べてつくった。豆腐を使ったもので、豆腐にホワイトソースをかけてトースターで焼く。ホワイトソースはおいしそうだったのだけど、トースターで焼いていたときに、チャーハンをつくるのに夢中になってしまい、焦がしてしまった。すこしくらい焦げていたほうがおいしいのは確かだけど、やりすぎてしまった。

料理については、すくなくとも週 1 回、彼女と交互につくろうという話をしている。なので、来週は料理はおやすみ。

で、 Hubot スクリプト。 hubot-umiharakawase 。これはさよなら海腹川背のプレイ動画を検索する Hubot スクリプト

海腹川背SFC から続くアクションゲームのシリーズで、ぼくは SFC 時代から好きで遊んでいる。その割には下手でまともにクリアできないんだけどね。

ルールは簡単で、フィールドがいくつも用意されていて、各フィールドにはどこかに扉がある。その扉に入ればそのフィールドをクリアしたことになる。フィールドに置かれたリュックを集めるという遊び方もあるが、メインのルールは、フィールドの扉にいかに早く到達するか、それだけである。

このゲームの面白さは単純だけど柔軟なゲームシステムにある。主人公の川背さんのメインアクションはルアーを投げることだ。釣り竿でルアーを投げて、それを壁や天井などに引っ掛けてフィールドを進んでいく。このルアー(ワイヤー?)が非常にクセのある面白い動きで、振り子のように勢いをつけて飛んだり、引き寄せる力を利用してダッシュしたりできる。ルアーを引き寄せる(巻き取る?)力は、ダッシュやジャンプなどと比べて強い力で、これを活かせば、より早く動けるし、より遠くへ飛べる。このゲームで最も重要な力で、ほとんどのアクションの基礎になる。

ぼくは下手なんだけど、こういう面白いシステムをもったゲームが好きだ。 Portal なんかもそうかな。

何の話だかわからなくなったけど、そんなとこ。